キンドル書籍18作目「盤上の風鈴」発行しました

 この作品「盤上の風鈴」を書いたのは、1976年に、史上2人目の中学生棋士となられた谷川浩司4段が、1983年に史上最年少で名人になった頃に書いた小説です。
ということは、およそ40年前ですか。・・

 当時は将棋界に(現時点でもそうですが)女性の「将棋プロ棋士」はまだ居らず、1974年に登場した「女流棋士(日本女子プロ将棋協会)」という制度により、ようやく女性が将棋盤の前に座る女性の姿がテレビでも見られるようになった時代でした。

 そして、女流とはいえ「名人位」などもあり、女流プロだけの段位制度もあり、ようやく女性の将棋ファンが増え、「女流アマチュア名人戦」なども登場し、アマチュアの女性棋士も登場したともいえる時代でもありました。

 当時、私は様々なジャンルの小説を書いていた時代で、この小説も、その中の一作です。
 私も将棋が好きなことから、いち早く女性の将棋世界を取り入れて書いてみた小説ともいえます。(そういう意味では、現在の女流棋士の活躍する世界を当時から見据え、またその裏側を覗いて観た作品と言えなくもありません)

 でも、あの当時から40年近くなりますが、本物の(失礼)女性のプロ棋士はいまだに誕生はしておりません。
 不思議といえば不思議です。
 でもでも、女性の将棋ファンの増加に伴い、女流棋士の活躍する姿はすさまじいものがあると思います。
 本物の女性プロ棋士誕生も、もうすぐかもしれませんね。

◆私のキンドルサイトは以下のリンクでご覧ください。
 (並び順は、「人気順」にしてありますよ。6/23までは「発行記念無料キャンペーン中」です)

 私(ペンネーム:高井りょう)のAmazonサイトはこちらからどうぞ!

About sneaker