あれから半年後の「妻の命日」

10月も間もなく終わりですね。
先週の10月20日は、妻が亡くなった日から半年(6ヵ月)後の命日でした。

時間の流れは速いものですね。
でも、時間と共に寂しさも薄れると思っていたのですが、それがありません。
むしろ、寂しさがつのっている、いや、強まって行く・・という思いです。

先週のその時のSNSには、以下のような文面を、亡き妻への感謝の気持ちを込めて書きました。

———————————————-
今日は妻が逝ってから半年目の月命日。
一人ボッチになってから半年が過ぎたということでもある。

寂しさを紛らそうと、落ち着きなく動き回る日々・・。

一文を書いてみた。
「目を閉じれば いつもいる君 一緒に植えた 木々の紅葉よ」

(写真は、二人で行ったハイキングでの影です)

About sneaker