清水峠の「沓掛の水」

「沓掛」または「屈掛」という地名には、全国の峠道に多くみられ、坂道にさしかかったところで旅の履き物をあたらしく履き替え、古い沓を山の神にそなえて旅の安全を祈る、という意味があるそうです。(山形市:奥羽山脈の清水峠入り口にて)

About sneaker