YouTubeで思うこと・・(著作権について)

先日、YouTube事務局より著作権の警告(?)メールが届いた。
今回で2度目である。

一度目は、2年前の話になるが、国内で有名な、あるTV局から「著作権侵害」の訴えがあったというものであった。
内容的には、私の家族が、一昔前にそのTV局から取材を受けて、その全国放映された映像の録画を、一部分のみ(私の家族が映っている部分)をYouTubeにアップロードしたものである。

その時は、もし即刻そのYouTube映像を私が削除しなければ、相手は裁判に訴えるという内容であった。

私は、(自分の家族が取材を受けて協力してやったのに・・)などと思いながらも、裁判という文字にビビッてしまい、即時に削除しようとした。
しかし、私のIDはブロックされてしまっていて、削除しようにもログインさえ出来ない状態になっていた。

「何が削除要請だ!・・」などと怒りを込めながらも、落ち着いてYouTube事務局へ対応のメールを出したのでした。

返信応答メールが届いた内容にしたがい、「同意書」なるものに同意させられ、その後に「著作権のおさらい」なるサイトで勉強させられ、ようやく再ログインできたのでした。
その時は、再度同じトラブルを起こしたときは、私のIDは取り消しになるといわれた。「ID取り消しに伴い、これまでの全てのアップロード映像も削除される」とさえ言われた。
「命綱の結び方」など、有用な映像もアップしている私にとっては、これは痛い。
しかし、その時の著作権問題は、私の即刻の削除により、以前の平穏な状況に戻った。

あれから約2年である。
そして今回、またもやYouTube事務局から「著作権侵害」の警告メールが届いた。
しかも、今回訴えを起こしたのは、外国なのであった。
その警告メールに記載されてある映像を私はさっそく調べてみた。
その対象は、とある高校の文化祭の映像で、その背景に流れている音楽に対してのものだった。
「こういうモノも訴えられるのか?・・」
などと、私はあきれ返ってしまった。
それは、YouTube事務局も同じらしく、今回は「IDには影響しません」などと解説まで書いてくれていた。
しかし、「訴えた国家には、対象映像はブロックされます」と断り書きが添えられていた。

ログインは出来るので、調べてみると、ブロックされている国家とは、「アメリカ」と「ドイツ」の二カ国だった。
つまり、この二カ国では、私の今回の映像は閲覧できないということらしい。

IDに影響はなくとも、けっこう人気のある映像だったので、コメントも多いのだが、それらコメントは見られなくなっていた。

いま、YouTubeは世界的に有名で、YouTubeなしでは語れないIT世界となっている。
眺めてみると、けっこう著作権侵害か?・・と思われる映像も出回っている。
YouTubeも自分から行動を起こさない。
訴える相手が現れて、はじめて行動を起こす。

しかし、だからといって、すべて著作権侵害で訴えられるのか?というと、そうでもない。
YouTubeで人気が出て有名になるケースも数多くある。

今回、私も意を決して、削除は見送った。

そして、私のようなケースもあるということで、少しでも助言になればという思いで、今回載せてみることにしました。

About sneaker