16歳の夏、「ひとりぼっちの旅行」・・をイラストにしてみた。

この企画を自分の中で立てたとき、その背景に流すイメージの歌は決まっていました。

タテタカコさんの、「あした僕は」という曲です。

まさに、16歳の自分の、あの「ひとりぼっちの旅行」に、ぴったりのイメージソングです。

実際、この歌を聴いたときから、私は今回のあの日の体験を、イラストにしてみたいと思っていたようでした。

8月から描いたイラストが、4ヵ月後の12月になって、ようやく出来上がったという感じです。枚数にして67枚になりました。

「あした僕は」は、6分17秒の曲です。
とりあえず、その曲もイメージしながら描いたイラストを、その曲に配置してみたのですが、なぜか67枚がちょうどぴたりと収まったのにはオドロきました。

イラストはいまいちですが、時間が無い今、これはこれで一応完成とします。
僕の「一人ぼっちの旅行」の、出発編という作品になりました。

今回のイラスト制作を通して感じたことは、アニメーションを作るとは、気の遠くなる作業に違いない・・ということでした。

タテタカコさんの歌が、とてもいいので、ぜひご覧になって聴いてみてください。
タテタカコさんは、2004年カンヌ映画祭で話題になった、是枝裕和監督の「誰も知らない」の挿入歌「宝石」を歌っている有名なシンガーソングライターです。

※また、「ひとりぼっちの旅行」を読んでみたいとお思いの方は、以下のURLからどうぞ。

http://sneakers.pasrich.net/?p=275

About sneaker