懐かしき「電鍵」

・・先日押し入れ整理をしていると、なんと出てきました「電鍵」。
懐かしい!

モールス信号で使う打信号機器を通常「電鍵」と呼びますが、「タテ振りキー」と「ヨコ振りキー」の2種類があります。

この写真の電鍵は「タテ振りキー」です。
アマチュア無線のモールス通信で使用していた懐かしい機器でした。
(断捨離できず)

それにしても、この「電信級」免許証の若い写真。(ついでですので恥ずかしながら載せてみます)

現在はこの「電信級」は「第三級アマチュア無線技士」と名称が変更されております。
つまり、電信級とは、モールス信号通信のための資格免許証です。
「CQ CQ こちらは・・・」とマイクを利用した通信は、「電話級」と呼ばれていましたが、
現在は「第四級アマチュア無線技士」と変更されました。

私はこの「電信級」の2年後に、「第2級アマチュア無線技士」を取得しましたが、
他との違いは、使用できる電力(空中線電力)が10W(第四級)や50W(第三級)から、
200Wまでに増えることと、10MHz帯と14MHz帯という世界規模の「周波数範囲」が使用できることです。

現在はアマチュア無線はやっておりませんが、(第一アンテナが建てられない)
昔懐かしい思い出の記録です。

Tags:

About sneaker