8月のイラスト-「灯篭流し」

毎月最低一枚のイラストを描こうと思っています。
前から、次はこういうのを描こう。と決めていることもあるのですが、たいていは別のものを描いてしまいます。
それは、できるだけその時期のものを描きたいと思うことと、イラストにストーリーを持たせたいという気持ちがあるからです。

そんなことで、この8月も考えていたものと別のものを描いてしまいました。
日本の8月は、お盆の墓参りやら、終戦記念日やら、どうしても失われた命の供養にかかわりの多い月です。
それと、とくに今年は、あの3月11日の東日本大震災で多くの尊い命を失ってしまいました。
私にとっては初挑戦のイラストですが、なぜか急に「灯篭流し」を描いてみたいと思ったのでした。

私も、この灯篭流しの絵の中で、一つの灯篭を流させていただきました。
多くの御霊に、弔いの気持ちをこめて。

————————————————————

【豆知識:灯篭流しとは】(wikipediaより)
灯籠流し(とうろうながし)または精霊流し(しょうりょうながし)は、死者の魂を弔って灯籠(灯篭)やお盆の供え物を海や川に流す日本の行事。灯篭流しとも表記する。

一般的には、お盆の行事送り火の一種である。しかしながら、「お盆」時期についての解釈が地方によって異なることや、特別の追悼行事として行う場合もあり、日本全国で一斉に行われるわけではない。また、灯籠流しを行わない地域も多い。

長崎県の精霊流し(しょうろうながし)は、他の地域と異なる派手な行事で、さだまさしによる音楽・小説・映画・TVドラマなどでも有名である。

世界的には、日本以外では、インドや、タイなどでも行われている。

About sneaker