80歳過ぎのメルヘン画家「板垣昭助」さんを紹介します

目をつむると プリズムの様に 変る世界が見えてくる きっと
 やすらぎの虹の色 何時までも 心のやすらぎを持ちたいものです
    —– 板垣昭助 —–

幼児期の体験を思い出しながら、すべて想像で描いたという、メルヘン調の水彩画。
地元山形でこれまで十数回の個展を開いているそうです。

仕事のかたわら、40歳頃から描きはじめた絵画は、誰からも手ほどきを受けたことはなく、一から自分で学んだといいます。

板垣さん曰く、特に描いた線を手直しなしで描く、自称「一筆がき」で基礎のデッサンを何百回も練習した。そのかいあってか、試行錯誤を繰り返しながらも、独自の技法を身につける。

童画調のメルヘン画を専門に描くようになったのは、20年位前の60歳を過ぎてからというから、驚きです。

1988年には講談社童画グランプリで入賞。またその他でも数回の入選や入賞する。
これまで描きためたメルヘン画は300枚ほど。
80を過ぎた現在は、これらの絵画を絵本にしたいという夢を持つ。

妖精のようなこどもたちの無邪気なようすや、愛着のあるカエルが多く登場する板垣さんの絵には、たくさんの優しさがあふれていました。

(板垣昭助 山形市小白川町在住)

板垣昭助さん紹介サイトはこちらからどうぞ。

About sneaker