空へ・・高く!・・高く!

19歳の息子が亡くなって、まもなく2ヶ月が経ちます。
悲しみは深く、いつまでも悲しみは消えません。
家族を亡くすとは、とくに若い子供を亡くすとは、本当に辛いものです。

私は、空に対するあこがれが強く、これまでのブログにも、飛行機などに関する記事を何度か書いてきました。

いま、世界中で話題になっている「ドローン」(無人空撮飛行機)にも関心をいだき、去年の秋ごろから、私は小型無線ヘリコプターなどを手に入れては、練習のつもりで触ってきておりました。

そして、来年(今年)の春には、本格的なドローンを手に入れて、満開の桜を撮ってみたいと、心に決めておりました。
本格的なドローンはけっして安くはありません。
そんなことから、私はコツコツと、ドローン預金をこっそりと貯めてきたのです。

しかし、そんなおり、息子の死と出会わなければなりませんでした。
悲しみのあまり、もうドローンどころではありません。
そして、私自身、ドローンはもうあきらめようか・・。と思ったりしました。
またあきらめなくとも、時期をずらそうか・・と、思ったりしました。

しかし、どうしても、桜の時期に、あのドローンの本格的なデビューを考えてきた私としては、そう簡単にあきらめることはできません。

悩んだ私は、ついに、本格的なドローンを手に入れることにしました。

実は、このドローンのことは、息子にはまったく話していなかったのです。
隠れて練習をつんで、素晴らしい桜の映像を撮ることができたとき、「どうだ!」と、息子をおどろかしてやろうとたくらんでいたのです。

もう息子は亡くなり、おどろかすことはできません。

でも、高く飛ばせば、息子も一緒になって遊んでくれるのではないか?・・などと、考えるのです。

私は決心しました。
息子と一緒にあそぼうと・・・。

(下記映像は、先日撮ってきた、まだ雪の残る、蔵王ペンション村のドローン空撮です)

About sneaker