生き下手(べた)な自分に想うこと

私は、自分を隠そう隠そうと生きてきたようです。
今、時代がネット社会になって、世界は自分を表現するツールにあふれています。
その代表的なものに、Facebook(フェースブック)があるのでしょうが、このFacebook、自分をさらけ出して、知りもしない(友達の友達なんて、他人以外の何者でもない)つながりを作ろうとするツールです。
または、自分の経歴や、学歴をお披露目するベストツールとでもいいましょうか。
特にアメリカで発展を見せたのは、自己主張を必要とする社会性もあるでしょう。
それに、多民族国家ゆえに、民族的なつながりを特に必要とするゆえでしょう。

私も、生き下手なくせに、何にでもすぐ手を出す悪い癖があり、当然このFacebookなるものにも登録はしたのですが、もう間もなく一年になろうというのに、つながりはありません。
私には向かないな・・と、思ったものです。

もしかしたら、日本人に向かないのかもしれません。
何も、無理してまで、友達を作る必要に感じてないからです。
でも、もし、ビジネスマンで、営業マンでしたら、無理しても作ったかもしれませんけど。
ただ、それはやはり無理が入っている以上、本物じゃないということです。

そこからみたら、Twitter(ツイッター)は、フォローとか、フォロアーとかはあるけれど、作り物の「ユーザーネーム」で通用するし、つながりを特に意識しなくともやってられるし、私には、こちらの方が向いていると思いました。
匿名性で、言いたいことを言う、というのは、もしかしたら、日本人の国民性なのかもしれませんね。その陰には、他人をあまり信用しない・・という本性があるのかもしれません。

About sneaker