朝の座禅会・・

座禅は、私も初の試みです。
我流で真似事は何度かしたことはあるのですが、本当の座禅というものをやったことはありません。

今では、外国人も多くやっている座禅を、日本人がやったこともないでは、何か言い訳が立たないようにも思っていたので、いい機会と思い、参加してみました。

その前に、いったい何処で本格的な座禅を教えてくれるのだろう?・・などと思ってもいたのです。
時折、ニュースやイベントなどで座禅体験などの映像が流れるのを眼にしていましたが、いつもやっている訳ではなく、ちょっと頓挫してもいたのです。

そんな折、意外と近間で、年に数回の座禅会が開かれているのを知り、申し込んでみたのでした。
怪しい団体だったら止めようと思っていたのですが、そこは昔からあるれっきとしたお寺でもあり、宗派も関係なく座禅体験ができるとあって、参加してみたのでした。

そこの座禅会のお知らせには、以下の文章がありました。
◆ストレスの多い現代社会、心豊かに幸せに生きるためには、あらゆる状況に対応できる、強くしなやかな心を養うことが大事です。

また、座禅の効用には、以下の5点があるそうです。
1、心が安定し、心が落ち着く
2、心の疲れが取れて、心が明るくなる
3、強くしなやかな心が養われる
4、自律神経が強化され、健康になる
5、脳が活性化し、記憶力や思考力が高まる

その座禅会の内容は、手の組み方、足の組み方、または座り方、まぶたの閉じ具合の説明があり、そして、座禅に入る前の数行のお経文の唱え。
そして、体験会は、30分間の座禅に入るのでした。

その30分という時間は、長いのか短いのか、私には分かりません。
とにかく、難しいことは何もなく、ただ30分間座禅を組むだけです。

時折、雨音が外から聴こえてきます。
鳥のさえずりなども、聴こえてきます。

瞼は半眼にして閉じず。
1メートル先を静かに眺めるがごとく。
呼吸は腹式呼吸で静かに深くゆっくりと。
・・・・・

「それでは、静かに眼をお開きください」
の声にて、30分が過ぎ去ったのでした。

1回だけでは、座禅を語る資格などないのかもしれません。
簡単がゆえに、奥が深いのかもしれません。
心に雑念がわき、無心には程遠かったように思います。

それでも、よい体験でした。

About sneaker