明治の学校制度・・

明治五年の学制によると、全国を八大学区に分け、一大学区を三十二中学区に分け、一中学区を二百十小学区に分け、・・。
明治六年五月の「改正小学教則」によると、当時、小学校は上等・下等に分かれ、各一級から八級まであり、毎級六ヶ月で終了、六歳で下等八級に入学、十四歳で上等一級を卒業するのが原則であった。
(夏目漱石:「道草」より)

About sneaker