「けあらし(気嵐)」は、俳句の季語として使えるか?・・という記事を眼にしました。

そんな幻想的な光景があちらこちらで見られる日本の季節ですね。
解答からいうと、「けあらし」は「地貌季語」(ちぼうきご)として使えるそうです。
「地貌季語」とは、いわゆる「その土地の季語」のこと。・・
「季語」とは、俳句で、季節と結びついて、その季節を表すと定められている語のこと。

「気嵐(けあらし)」とは、気嵐は蒸発霧のこと。温かい海水と寒気の温度差で発生する。よく晴れた寒い日の日の出前後の短い時間にだけ見られる。

About sneaker